お客様インタビュー

お取引先が語る野村不動産の対応力。

Interview

買主・売主の意向をくみ
ベストなマッチングをしてくれる

「仲介のプロフェッショナル」

中道リース株式会社
スペースシステム事業部
事業部長兼管理部長
小林 尚子様

中道リース株式会社
開発部 マネージャー
石松 太様

野村不動産と出会ったのはいつ頃ですか?

2008年に当社の物件流動化の取り組みが記事に掲載されたのを見て、須賀さんからお電話をいただいたのがきっかけです。札幌の本社までお越しいただき、面談しました。 当社は自社で商業施設の開発から手掛けているので、それまで不動産仲介会社を使うことはありませんでしたが、その後、担当の須賀さんが当社のニーズを把握し、当社の希望に合う物件情報をこまめに提供してくれました。

はじめての取引は?

写真:はじめての取引は?

2010年8月に成約した金沢のショッピングセンターの案件です。この案件は当社の事業にとって非常に意義深い取引となりました。
第一に、それまで当社は土地を取得し、建物を新築する開発型の不動産賃貸の取り組みのみでしたが、すでに稼働中の商業施設を外部から取得するはじめての案件となったこと。この取引を機会に、私どものスペースシステム事業の選択肢が広がりました。

第二に、今まで手掛けたことのない北陸エリアの物件であったこと。それまで北海道・東北・関東エリアのみの展開でしたが、私どもが求める条件に適合していれば、北陸・甲信越エリアにも進出したいと考えていたので、金沢の物件を紹介していただき、とてもありがたく思っています。

取引時の担当者の対応は?

写真:取引時の担当者の対応は?

地権者も多く、非常に複雑なスキームの案件にもかかわらず、担当の須賀さんを中心として、他の社員と共に総動員で案件の成約に尽くしてくれました。
一度は売主さんの意向で話がストップしたものの、再スタートしてからはわずか1~2カ月で話をまとめていただき、とても満足しています。
売主さんの意向を的確につないでくれるので、話が見通しやすく、スムーズに交渉を進めていくことができました。

他の仲介会社との違いは?

写真:取引時の担当者の対応は?

自社で土地取得、開発から関わっているので、これまで他の仲介会社さんから案件を紹介してもらっても、すでに知っている情報がほとんどでした。ところが野村不動産さんは、売主から直接得た物件情報を中心に紹介してくれるので、非常に助かっています。

その後の取引は?

2012年1月に福島県郡山市内の商業施設を仲介していただきました。東日本大震災から1年にも満たない時期でしたが、郡山には当社の支店があり、またすでに別の商業施設を所有していて地縁があったことや、当社が得意とする規模・内容の商業施設であったことなどから、取得することに決めました。

写真:その後の取引は?

今後、野村不動産との付き合いは?

私どもが欲している物件情報をこまめに紹介いただき、とても助かっています。また取引時には、契約や手続き、法的な面など様々な点において迅速かつ正確に万全のサポートをしてくれるので、今後も安心してお任せできます。
もう6年以上のお付き合いになりますが、よくぞ飛び込みで電話をかけてくれたと感謝しています。

中道リースの小林様、石松様、ありがとうございました。(取材:2014年5月13日)

担当者から一言

写真: 担当者 野村不動産 法人営業本部 ウェルスマネジメント二部 次長 須賀 芳浩

担当者
野村不動産
法人営業本部
ウェルスマネジメント二部
次長
須賀 芳浩

お客様が希望される不動産を選別してご紹介します!

お客様によって望んでいらっしゃる物件は様々です。中道リース様のように、なかなか市場に出てこない案件を欲しているお客様もいらっしゃいます。私たちはお客様のニーズを詳しくヒアリングし、それぞれのお客様のご希望にあった物件のご紹介を心掛けています。
見つけにくい物件や難しい物件など、どんな案件でも構いません。お客様が希望される物件を見つけ出し、ご成約に至るまで全力でサポートさせていただきます。

(※お客様の所属・役職等についてはインタビュー当時のものです。※野村不動産社員の所属・役職等については2017年4月現在のものです。)